色の本質マスター講座(第1回目)を終えての感想

オリーブ

色育士のオリーブです。今回2021年4月開講の「色の本質マスター講座」の第1回目にナビゲーターとして参加させていただいています。その時の感想文をシェアさせていただきます。

色の本質マスター講座の感想文(オリーブ)

私にとって色とは、「繋いでくれるもの」です。
私の内なる光と闇を、私の自我と魂を、
私のこころと誰かのこころを、
私(小宇宙)と大いなる自然(大宇宙)を、
見えるものと見えないものを繋いでくれる、
「架け橋」のような存在です。ㅤ自然界に存在するものには全て、
それぞれがそれぞれらしく一番輝ける瞬間、
というものがあると思います。

自分の魂に刻まれた運命(さだめ)があったとして、
植物や人間以外の生物たちは、
生まれたときから自分に与えられたそれを
当たり前に知っていて、抗うことなく、
自然界のリズムに身を委ねるところは委ねて、
愚直に真っ直ぐ進んでいるような印象を、私は受けます。

光の世界と闇の世界をどう過ごせばいいのか、
自分にとってのいいやり方・いい加減が
わかっているのかもしれません。

その生きざまから、学ぶことは多くあります。

そして色は、最もわかりやすく、
誰にでも分け隔てなく、
言葉ではない見えないメッセージを
届けてくれるような気がします。

「色彩は、自然が語る言葉である」
全くその通りだなと感じます。ㅤ昔の私はわかりませんでした。
自分の魂に刻まれた運命も、
何のために生まれどこへ向かっていけばいいのかも、
自分が生きている意味も。
ㅤ私の魂は、それがものすごく嫌でした。
だから、あの手この手を使って、
私に気づかせようとしてきました。

光の私は、それがとても怖かった。
できる限りの抵抗をしました。

しかし、闇(魂)が本気を出してしまったら、
もうどうにもなりませんでした。
ㅤ内なる自然の猛威は容赦なく襲い掛かり、
光の私の日常は激しく揺さぶられ、
大きな音をたてて崩れ去りました。・・・終わった。
ㅤですが、それだけではありませんでした。
ようやくスタートラインに立てた、
不思議とそう思える私がいました。

私が「私の人生」を歩み始めることが
できるようになったのは、そこからでした。ㅤ色彩自然学と出会わなければ、
私は今も、からっぽの私のまま生きていたかもしれません。

この学問を通して、自然(色彩)の本質を通して、
自分自身と真剣に向き合うことを通して、
私は私を生き始めることができました。

そのためにまず必要だったのが、
私の場合は「壊すこと」でした。ㅤ私が私らしく一番輝ける瞬間、
そのときが私にとっての自己実現の瞬間であり、
そこへ向かう道のりを人生と呼ぶのだとしたら、
私は、これからも自然のふるまいから
たくさんのことを学び、私の世界を可能な限り育み続け、
創造的に楽しんで生きていきたいです。
そして、願わくば、自己実現の瞬間に辿り着きたいです。

たくさんのことを思い出し、
感じることができた第1回目でした。

こうやって言葉にしてみることで、
今まで学んできたことが、
私の内に確かに息づいていると実感することができます。

貴重な時間を過ごさせていただいていると、
毎回感じています。
ありがとうございました。

Follow me!