散歩 〜冬の匂い〜

石の色もいろいろ

散歩をすることで
私は自然になる。

曲がったことのない道を曲がってみたり、
しゃがんだところのないところでしゃがんでみたり。

小さな衝動を大切にできる時間。

そういえば、日常ではしゃがみこむことなど、そうないよな。

散策のときは
思い切りしゃがみこんで
風がうむ葉音を聞いたり
生き物がかさかさ動き出す音をきく。
あちこちで何かの気配を感じる。

まるで妊娠しているみたいだ

いつも慣れ親しんだ視界から見ていると、見えていないことがたくさんある。
しゃがみこんで、視線が変わるだけで、
違う小宇宙が見えてくる。
そこに少しでも静かに居座る覚悟があれば、
さらにそれは息づいて見えてくる。

木の根がたくましい

蝶々がはたはたひらひら飛んでいる。
蜂が蜜を探してでっぷりした体をなんとか飛ばしている。
蟻が冬支度のために自分の体より大きなものを運ぼうと勇ましい。
緑や花、蕾がたわわに茂っている。
石も転がり、繊細なとかげも顔をだす。
木の根がりゅうりゅうと隆起している。

そこここにある自然の営みの中に
自分という存在があることを、思い知る。
ささやかでいいことを、
そのささやかが、自分の本流であることを
思い知る。
人間として生きているのはとても複雑だ。
ふとすれば自然以上の存在だなんて、自分のことを思い込む。

散歩しているだけで涙が出てくることもある。
何度も思い直す。
何度も自分でなくなりたいと思い、
自分でしかないことを、繰り返す。

顔を出したとかげ

ゲーテとシラーのことを書いてあったどこかの本に、
「ゲーテはまったくの自然の人」で
「シラーは損なわれた自然を追い求めた人だ」というような
一文を思い出した。
彼らが親友であることは有名な話である。

人は
「自然である人」と、
「自然を追い求める人」の2種類があるとしたら、
私はどちらなのだろう。
私は自然を損なっているのだろうか、
それとも私は自然なのだろうか。
その境界がわからなくなってくる。

今という時は、刻一刻と次の季節へとむかっている。
騒いでいたものが落ち着きを持ち始めているのがわかる。

冬の匂いがした。

この記事を書いた人

色の本質的な力を知るための学び

Follow me!